北杜市 住宅の屋根、雨樋、のし板の修繕工事と藤棚の解体工事 (2021年 2月)

前回の記事の続きになります。

災害でめくれ落ちてしまった瓦を新しく葺き直しました。

のし瓦の防水処理です。

のし瓦も新しく葺き直しました。

掃除をしてズレたり欠けたりしている瓦を直します。

このような部分には土を詰めて油を入れた漆喰で仕上げます。

痛んだ板は交換をしました。

一般的な塗料では永持ちをしないので、現代では一般的な施工法ではありませんが、当時の新築時に施されていたであろう方法で杉板を黒くして既存の部分と色を合わせました。昔の知恵を活かして自然の素材のみで作った色なので経年変化も楽しめます。メーカーの保証期間、耐用年数に勝ることは現在も残っている昔の仕事の跡を見れば明らかだと思います。塗装後に防水のために蜜蜂の知恵も借りています。

とても自然に馴染んでいて、修理をしたようには見えないと思います。建物の風格や重みや雰囲気が損なわれないような修理や修繕を心掛けております。

雨樋が壁に当たってしまっていて、縦樋が詰まって水が溢れて壁に水が当たってしまって、中まで染みていました。樋の機能に影響がない範囲で樋を少し短くして改善しました。これで急ぐことはなくなったので、内部についてはあらためて修理をさせて頂きます。

この銅製の樋はへし折れて折り重なっていました。一般的には即交換となるのですが、板金職人さんが叩いて直してくれました。

藤棚も解体してスッキリとしました。

内部の建具の調整と屋根の左官工事等々、引き続き宜しくお願い致します。

▼お見積もり・ご相談▼
【担当直通】090-8746-3532
【受付時間】7:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 甲府市・甲斐市など山梨県を中心に全国エリアに対応


一覧ページに戻る